先週Aくんとご飯を食べていた時に、「人工知能に興味があるので教えてほしい」と言われました。

僕とAくんは、 3年前、3回だけ参加した英会話クラブで、たまたま帰り道が一緒で連絡先を交換しました。それから何度も事業について語り合い、一緒にWebサービスを作り、そして最後は一緒に弁護士事務所に行きました。

戦友ともいうべきAくんに頼まれたならば、全力を挙げて人工知能について説明しなければならない、そう感じたのです。

続きを読む