「AI人材」の求人数が増加してきました。

AIを活用したサービスが本格的に立ち上がり、事業開発責任者やプロダクトオーナーなどのポジションで採用が本格化しています。

また、AI分野の売上が急拡大したことによって、オペレーションを構築したりチームビルディングできる人材のニーズも高まっています。加えて、販売促進やAI営業の求人も増えてきています。

業界的には、主力のインターネット業界に加え、金融や不動産で特に需要が大きいようです。

市場を概観すると、事業戦略やソリューション営業など、いわゆるビジネス系職種がかなり増えた印象です。AIエンジニアの採用ももちろん多いですが、ピークはもう少し先になるように思われます。

テクノロジーは一つの武器であり、武器を使うためには戦場が必要です。どの戦場が実入りが大きいのか、他社に勝てるかどうかなど、ビジネスモデルの構築とそれを支える組織が必要になります。

では、ビジネス分野を担う人材は、どのくらいAIの知識が求められるのでしょうか?

全てのAI人材に「AIの原理」の理解が求められる

メタップス社長の佐藤航陽さんは、著作「未来に先回りする思考法」で、テクノロジーの理解度を4つのレベルに分けていました。

1使える
2ポテンシャルがわかる
3なぜ出来たのか原理から理解している
4作れる


当然ながら、AIエンジニアは、4まで身に付けてなければいけません。
では、AIを開発することはないけれど、AI領域で事業戦略を立案する人は、どこまで理解しておくべきなのでしょうか。

例えば、AIのニュースを追いかけているのは、2のレベルと言えます。ニュースなどで、AIの概要と事例は知っている。そのため、AIのポテンシャルは理解できます。しかし、それでは戦略を立てることは難しいです。

事業戦略を立てるという事は、市場と技術を結ぶストーリーを描くことです。現在の事例を分析すれば、今の世の中でできることは分かるかもしれません。しかし、将来どの方向に進んでいくべきかは、技術の方向性を理解できなければできないことです。

また、具体的にどのように技術やリソースを調達して、進んでいくようなストーリーは立案出来ないでしょう。

言うならば、AI市場という波の中で、クラゲのようにふわふわ漂っているような感じです。自分で泳ぐことはできないでしょう。

やはり最低3の「原理の理解」が求められます。原理が分かれば応用できます。つまり、原理が分かれば時代の流れにもキャッチアップできます。

では、「AIの原理」とは何でしょうか。

AIの原理とは「関係性」を明らかにすること

AIの原理とは、関係性を明らかにすることです。例えば、人間と商品の関係性を明らかにすることが出来れば、より商品を買わせる方法もわかります。また、株価とニュースの関係性を明らかにできれば、将来の株価を予測することもできます。

関係性を明らかにするためには、そのためのデータが必要になります。人間と商品の関係性を明らかにしたいならば、過去の購入履歴のデータが必要でしょう。そのデータから、AIを使って関係性を明らかにします。

関係性は、関数で表現されます。例えば、人間の年齢とりんごの購入に強い相関性があれば、

y = 0.05 x + 3 
  y:りんごを買う数
  x:年齢

のような、関数が算出されるかもしれません。つまりAIとは、「関係性を関数で表したもの」になります。データxに対して、yという値を出力する関数y=f(x)を作っているのです。

もちろん、上記のリンゴの例くらいなら、人間でも気づきそうですが、例えばデータ項目数が一万を超えたいたらどうでしょうか。きっと人間では、どの項目が一番重要か分からないはずです。しかし、AIならば、人間には見えない関係性を明らかにできる可能性があります。
 

AIが向く分野は「失敗OK」「定常業務」「データある」「大金が動く」

関係性を明らかにすることができれば、ビジネスは一気に拡大することが出来ます。

例えば、「クリーニング屋に来る顧客には、40代女性が多い」という事が分かれば、イケメンの店員に変えれば、売上が倍増するかもしれません。

ただ、やみくもにAIを導入すれば儲かるというわけでもありません。AIが向いている分野と言うものがあります。主に4つあるように思います。
人工知能ブログ画像
上記の項目に合っている分野であれば、AIで大きな効果が見込めるでしょう。

例えばGoogleは、「検索」と「広告」を生業にしていますが、上述の4項目に全て当てはまります。そのため、信じられないような高給でAI人材を集めても、十分な利益を確保できます。人間と広告の関係性を理解して、クリックしやすい広告を表示できれば、収益増加に直結するからです。

一方近年注目を集めている自動運転ですが、②~④には当てはまるものの、①の部分が課題です。運転は絶対に失敗できない領域のため、技術を駆使して、高レベルのAIをつくることが求められています。

これからは、健康領域も非常に伸びるでしょう。例えば、人間と寿命の関係性を明らかにできれば、その人の寿命を予測出来るかもしれません。そうなれば、世の中のライフスタイルが一変する可能性があります。

つまり、どんな関係性を明らかにすべきかのテーマによって、得られる付加価値が全く異なってきます。そして、その答えはgoogleで検索しても出てこないでしょう。

AIでどんな関係性を明らかにするか、問いを立てる力が求められています。またAIの原理を理解できるスキルも必要です。

これからますます、「AIの要件定義ができる人材の価値が高まる」ことは間違いありません。そして現段階で出来る人材は、非常に少ない印象です。

つまり、転職するなら今が大きなチャンスではないでしょうか。
マイナビ  

ビジネス系AI人材に転職するなら 「マイナビエージェント ×IT」がおすすめ

もしあなたがビジネス系職種に就いていて、「未経験から転職して、AIの上流工程に関わりたい」ならば、マイナビエージェント×ITがおすすめです。

AIの上流工程の仕事と言うのは、業界によってかなり色が異なっています。そのため、あなたがどのような業界に合うかは、転職エージェントとじっくり相談した方が良いです。

マイナビ―ジェント×ITは、他の転職エージェントと比べても、断トツでサポートが手厚いです。マイナビは、10年先のキャリアプランを考える方針で運営しており、1人1人のユーザーに対してのサポートがとてもきめ細やかです。

加えて、IT・ウェブ業界に特化しており、業界最大手から優良ベンチャーまで多くの求人を保有しています。求人は1万を超えており、うち非公開求人は80%を超えます。

求人数の多さとサポートの手厚さから、業界未経験の方でも、数多くの転職成功に導いており、他社の転職エージェントと比べても利用者の満足度が極めて高いことが特徴です。

AI人材へのキャリアをどうしようか悩んでいる方におすすめできます。 


転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けてAI領域の求人を紹介してもらいましょう。