今後10年のAIの進化で、AI関連のサービスがビジネスの主流となり、結果的に今存在する約半分の仕事が無くなってしまいます。

生き残る方法の一つは、AIに仕事を奪われる側から、AIで仕事を奪う側になることではないでしょうか。

中国の春秋戦国時代の思想家、列子は「時を得る者は栄え、時を失う者は滅ぶ」と言われました。時代の流れとはすごいもので、流れに沿った1の努力は、時に10や100の結果を生むことがあります。具体的なアクションは、AIを理解し、キャリアにAIの色をつけていくことです。

本記事では、AIを全く知らない人が、AI人材になる方法を4ステップでまとめました。現職が銀行員、事務職、営業職などビジネス職種の方を想定しています。
人工知能20

AI人材になる具体的な方法

AI人材になる方法を4ステップでお伝えします。参考記事をまとめました。

STEP1:AIを知る

人工知能の中核技術は機械学習です。機械学習でできることは、現実社会で集めたデータをモデル化して将来を予測することです。


【文系の方向け】人工知能を本当にゼロから分かりやすく解説する


STEP2:職種を決める

AI人材と一言で言っても、AIを開発する「AIエンジニア」の他に、AIを顧客に提案する「AI営業」などの職種もあります。営業経験がある人は、目指してみる価値あります。

AI営業職がAI時代の主役になるかもしれない ※営業職向け


STEP3:戦略を練る

AI人材になる方法は、AIに関わる仕事をすることです。そのため、上司に「データ分析業務をやりたい」と提案することが第一です。
しかし社内で可能性がない場合は、転職を視野に入れます。2018年現在、大手IT企業や大手メーカーでも、AIの開発や営業人材が不足しています。そのため、AIに取り組み始めた大企業は狙い目です。

未経験からAIエンジニアになる方法 ※社内異動編


STEP4:行動する

転職活動の第一歩は、転職サイトに登録することです。リクルートやパソナなどの大手や、Geeklyなど業界特化型などいろいろな転職サイトがあります。業界事情に詳しい業界特化型の転職サイトがおすすめです。

AIとビジネスの両方を理解できる人材の価値が高まる

AIは企業の収益を改善する手段です。そのため、AIで何をやるのか合意形成が重要です。

AIはデータ分析の道具です。データがなければAIを作ることが出来ません。そのため、データを集める算段が必要です。

AIはビジネスに組み込まれて初めて価値を生みます。そのため、成果物を経営層に納得してもらえなければAIは実運用されません。

AIをビジネス活用するためには、非常に多くのコミュニケーションが必要だったりします。そのためAI人材には、技術知識だけではなく高いコミュニケーション能力も求められます。ですので、あなたの持っている業務知識やビジネススキルはAI業務で必ず役に立ちます。

AIとビジネスの両方の知識を身に付ける」というキャリア戦略は、極めて生存率を高める方向性であると考えます。多くの人にとってその第一歩は、AIを勉強する事なはずです。


新しい仕事とは、自分自身のこれまでの枠を破ることから始まるのではないでしょうか。企業は必死で変わろうとしています。であれば社員一人一人も自身の殻を破り、新しくチャレンジすることが求められてきます。どうせなら急拡大するAI分野にチャレンジしてみませんか。

人材不足が顕在化している今が空前のチャンス。86兆円市場があなたを待っています。

※出典:EY総合研究所株式会社「人工知能が経営にもたらす『創造』と『破壊』」では、人工知能の市場規模は2030年に86兆円に拡大すると推計

合わせて読みたい
AIエンジニアが教えるゼロから機械学習の勉強法