若い友人が僕に言う。「機械学習ってなにが出来るんだい」。

また機械学習のことかと僕は思った。いささかこの話題に飽きているのだ。ただAIと言わないあたり、彼は見込みがあるのかもしれない。

「機械学習はデータから学習することだよ」僕はシンプルに伝えた。シンプルさはこの世の中で最も貴重な価値観の一つだ。

「学習とはどういうことだろう」彼は言う。鋭い指摘だ。確かに学習について僕は伝えていなかった。

「数式のパラメータを学習するんだ」僕はまたシンプルに伝える。パラメーターと言うべきか少し迷ったが、そんなことはどうでもよかった。

「数式のパラメータか」彼は僕の言葉を繰り返した。「つまりデータから数式を定めることが学習なんだね」彼は言葉を重ねた。

「まさにその通り」僕は言う。彼の理解力に驚いた。前世は数学者だったのかもしれない。

「数式を定めるとどんな良いことがあるんだい」彼は言った。

「世界はいろんな法則に満ちているんだ。機械学習はその法則を見つけることが出来る。そして法則とは数式で表されるんだ」僕は言った。"法則"という言葉は素敵だ。僕が好きな言葉ベスト3に入っている。

「科学者みたいだね」彼は言った。彼の前世は科学者だったのかもしれない。

「科学者だよ。データサイエンティストと言うんだ」僕は言った。"サイエンス"という言葉も素敵だ。言うたびにIQが上がる気がする。

「良く分からないな」彼は言った。「パラメータを設定するだけの人間が、なぜ科学者だと言えるんだい」空気がほんの少し重くなった気がした。

「いろいろあるんだ」僕はやや慎重に言葉を選んだ。「分析テーマやアルゴリズムを選んだりね」横文字が増えてくる。危険な兆候だった。

「定量的に測定できる分析テーマを設定するということかな」彼は言った。そして彼の前世が数学者であることを僕は確信した。

「その通りだよ。人工知能を使って何をするかが大事なんだ」僕が言った。

「分析テーマを設定し、データから法則を発見する。こういうことかな」彼は言った。

「合っていると思う。ただ正直僕にも良く分からないんだ」僕は素直に伝える。「なんだか重要なことが抜けている気がするんだ。」

「重要なことってなんだい」彼は言う。

「うまく言えないんだ。おそらく理論とかそういった類のものだと思う」僕は混乱しながら言葉を紡いだ。

「理論は重要なことだ」彼は言った。「機械学習の理論を学ぶにはどうすればいいんだろう」

「黄色本を読めば分かると思う」僕は言う。

「それはきっと黄色い本なんだね」彼は辛抱強く答える。

「丁度今持っているんだ」僕は彼に手渡す。



「この本を読めば理論が分かるんだね」彼は言った。本をめくる彼の黒目が少し大きくなった。

「あるいは」僕は言う。「僕も読んでいる途中なんだ。ただ序論は素敵だったよ。」

「いささか難しそうだね」彼は言った。「僕にはまだ早い気がする。」

「そうかもしれない」僕は言った。いくらIQが高くとも彼は機械学習初心者なのだ。

「もっと気軽に機械学習が分かればよいのだけど」彼は言った。

「それならおすすめの本があるよ」僕は言った。もともと彼に渡そうと思っていた本だ。



「表紙の女の子がかわいいね」彼は言った。彼がメガネっ子が好きなことを思い出した。

「彼女は科学者なんだ」僕は言った。「とても頭の良い女性だよ」

「この本は僕に向いているような気がする」彼は本を手にしながらつぶやいた。

「僕もそう思う」彼に同意した。「ただ機械学習の細かい部分は書いていない。全体像を理解するための本だよ」

「十分さ」彼は本をカバンにしまう。「会話するAIについては書いてあるかな」

「もちろん」僕は言った。「表紙のロボットが日本語を話すんだ。仕組みの説明もある。」

「悪くないね」彼は言った。「もっと早く紹介してほしかったな」

「先月出版されたばかりなんだ。ただ人工知能の理解が進むことは間違いないよ」私は言った。

「Amazonでも高評価なんだろうね」彼は言った。

「もちろんさ」僕は言った。「大絶賛されている」

「ありがとうぜひ読んでみるよ」彼とはそう言って別れた。