この記事を読んでほしい方
・人工知能の仕事に興味がある方
・AIエンジニアに興味がある方

先日「SEから機械学習エンジニアに転職したい場合、どこの転職サイトに登録すれば良いか」と質問を受けました。

確かに、世の中にはたくさんの転職サイトがあって、どれに登録すればいいか迷うこともあると思います。私自身も結構悩みました。なので今回は、転職サイトの選び方を考えてみます。

大手転職サイトと中小転職サイトの比較

転職サイトの違いを考えるうえで、一番に思いつくことは、求人企業の多さです。大手転職サイトであれば、求人企業の数も多いでしょう。一方中小の転職サイトでは、求人企業数は少ないです。つまり単純に考えるならば、大手転職サイトに申し込んでおくことが、合理的な選択肢のように思います。

しかし、「AIエンジニアになりたい」「AIに関わる仕事に就きたい」という要望が明確にある場合はどうでしょうか。実は、AI業界という明確な線引きはまだ存在していません。IT業界の企業でAI部署を作っていたり、データ分析の会社がAIに取り組んでいたりします。そのため、業界に根を張っている業界特化型の中小転職サイトの方が、こういった新しい情報をキャッチしており、AI関係に限れば大手よりも案件が多いなんてこともあります。

※中小の転職サイトが全ていいと言っているわけではなく、業界特化型の転職サイトには、一部優良な事業者もあるよというお話です。

結果重視と相談重視の転職エージェントの比較

また求人数が多ければ良いかというとそうでもありません。転職活動では、"転職エージェント"というサポーターがついて、その方と一緒に企業を選んだり面接の準備を行います。

転職エージェントとは、あなたの代わりに企業を探し、あなたの代わりに企業に売り込んでくれる人のことです。転職希望者は、無料でサービスを利用できます。仮に転職が成功すれば、転職先の企業から転職エージェントに紹介料を払うという実績課金モデルです。

この転職エージェントがどんな人なのかがめちゃくちゃ重要で、転職の成功確率や転職先の満足度が大きく異なってきます。

転職エージェントは2種類に分かれます。
①転職数をこなすことに意識が向いている"結果"重視のエージェント
②応募者にベストな転職先を選んでくれる"相談"重視のエージェント

①のタイプは、会えばすぐわかります。転職希望者の希望を聞くことよりも、企業側の論理を押し付け、ひたすら自分の話をする傾向があります。
②のタイプは、応募者にとってベストな転職先を選んでくれる方です。じっくり話を聞いて、こちらの要望やスキルセットを積極的に理解しようとしてくれます。

一概には言えないですが、小規模の転職サイトは②相談重視のエージェントが多いです。
理由は、小規模の転職サイトは、業界内の企業としか付き合わないため、付き合いのある企業も限られてきます。その数少ない取引先企業からの信用低下は、転職サイトにとって致命的なダメージになってしまいます。

そのため、企業に合わない人材を送り込んだことで、スキル不足や早期離職が起きてしまうことに恐怖心があります。よって、転職希望者への紹介にも、慎重な姿勢を求めることが多いです。彼らは、本気で適切なマッチングをしなければ、業界内で生き残れないのです。

小規模でIT業界特化の転職サイトを選ぼう

これまでの話をまとめると、以下の感じになります。
人工知能2

AIエンジニアとして転職するならば、IT業界特化型の転職サイトがおすすめです。もちろん大手転職サイトがダメと言ってるわけではありません。大手には大手なりの良さがあります。
ただ、大手転職サイトに加えて小規模の業界特化型サイトに登録しておくと、優良な転職エージェントと出会えたり、面白い案件と出会える可能性があるという話です。しかも登録料は無料です。

IT業界特化型の代表例は「Geekly」でしょう。
求人の80%は非公開求人ですが、AIエンジニアやデータサイエンティストの案件が非常に豊富です。業界事情にとても詳しく、転職相談を担当するキャリアコンサルタントから業界動向を聞くだけでも勉強になります。

またぜひ面談で、ご自身の市場価値を聞いてみてください。私がAIエンジニアを目指した理由が、キャリアコンサルタントから「もしAI系エンジニアならばベンチャーのCTOで移れる可能性もあるよ」と言われたことが大きいです。当時は企画職だったのですが、AIエンジニアの市場価値の高さを改めて認識し、そこからAIエンジニアの勉強を開始しました。
 
AIエンジニアへのキャリアを考えている方に、おすすめの転職サイトです。



最後になりますが、AIエンジニアと言っても、企業によって仕事内容は大きく異なります。まずは業界の詳しい人に話を聞いて、自分のなりたい姿をイメージアップすることが第一ではないでしょうか。