最近の自己啓発本に良く見られるのは、好きなことを仕事にしろと書いてあるのを見かける。好きなことを仕事にすれば、人生が楽しくなり、仕事の成果も上がり、幸せになると言う話だ。一方、少し前までは、好きなことを仕事にしてはいけないと言われていた。理由は、いざ好きなことが嫌になったら逃げ場がなくなるということからだ。


私はこれは、両方とも正しいし、また両方とも正しくないと思う。

好きなことを仕事をすれば、確かに最初は楽しいのは間違いない。しかし、その仕事をずっとやるとなればどうだろう。営業やエンジニアなど職種はいろいろあるが、同じ職種を10年間ずっと続けて楽しむと言うことは可能だろうか。例外はあるだろうが、おそらく5年も経てば空きが来るはずだ。それじゃあ5年後に別の職種に移ろうとした場合、それは実現可能だろうか。しかし
職種を変えると言うことは意外に難しい。それは、組織の社内ノウハウを捨てることと同義だからだ。では、転職するしかないのだろうか。しかし、転職して待遇が上がるのは前職での実績があるからだ。未経験職種に応募すると、確実に待遇は下がる。そのため、市場原理的にも職種を変えると言うことが働きにくい。つまり、社会人として今の待遇を維持し、上昇カーブを描くためには、一つの職種でスキルを蓄積しなければならない。しかし、それでは働く人は飽きてくる。これは誰もが一度は考えるジレンマだと思う。

1つの解決策は、コンサルタントだ。コンサルタントは、ロジックを武器にいろんなプロジェクトに参画し、それこそいろんな経験を積むことが出来る。しかし、この選択肢はあまり効果的ではない。2つの理由がある。

1つ目は、コンサルタントはあくまでサポートする側でそのプロジェクトの主導的な動きは出来ないことだ。自分で主導的に、企画を作り、人を動かし、金を動かし、プロジェクトを推進したい人間には向かない。それは、コンサルタントでは出来ないと思った。よくコンサルタントは成長できると言われるが、それは思考フレームワークが確立されていない時代の話であり、今のようにMECEやPPMやPEST分析やらが一般化した時代において、コンサルタントの価値は相対的に下がっていると思う。特に成長を考えた場合、そのプロジェクトにどれだけコミットし、どれだけ真剣な意思決定をしたかが問われると考えている。特にリーダーシップやマネジメントなどのスキルは、どれだけ真剣に考え、どれだけ重要な意思決定したかの積分値になる。その為の意思決定は、コンサルタントという立場では難しい。

2つ目は、コンサルタントでは自分の軸が持てないからだ。上で述べた職種や仕事内容を自由に変えたいと言う命題と矛盾している感はあるが、自分のコアや軸を持てないというのは、どうしても市場価値を下げる原因となってしまう。逆にいえば、コアや軸がしっかりしていれば、多少職種や仕事内容を変えても、それは市場価値を棄損するものではなく、むしろ戦略的な成長に繋がると言える。そう考えると、コンサルタントというのは、軸を作りにくい。
例えば、ロジックと経営知識を軸と宣言しても、ロジックはそもそも持ってて当然のスキルでそれ自体が軸にはなりえない。いわばOS部分の知識なのだ。また、経営知識も軸にするには弱い。なぜならば、コンサルタントは実際の経営経験がないからだ。上でも書いたが、マネジメントなどの経営業務は、それまでどれだけ真剣に考えて意思決定したか、またどれだけ重大で責任のある意思決定をしたかどうかの積分値になる。しかし、当事者ではなく、経営の経験がないコンサルタントは、そもそもまともな意思決定をする機会がなく、軸と設定した経営知識のスキルを伸ばすことが出来ない。結局は表面的な知識の集合になってしまう。

次の選択肢は、事業開発担当者だ。新規事業は営業から開発まで全てに携わるため、仕事内容が幅広い。しかも、軸として、新規事業という軸を持つことが出来る。

新規事業の推進者と言うのは、結局は企業内起業なのだ。起業するということは、プロジェクトの全てについて、責任を持つということだ。プロジェクトをゼロから立ち上げ、軌道に乗せ、実際に売り上げを作るというなかで、多くの意思決定が必要だ。なにせ、道がないのだ。その中で、どの道に進むかは自分で決めないといけないのだ。当然、プロジェクトの内容は、ほぼ全て把握するようになる。技術面の素養がある人が担当すれば、実際に設計やコーディングしている人レベルで技術面を理解するようになる。また、作り上げるプロダクトについて、どこがセールスポイントで、顧客にどんな便益を与えるのか、そしてお客様の業務内容はどうなっているか、営業担当者よりもはるかに詳しくなる。要は、経験の密度が段違いなのだ。しかも仕事内容は、日々変わる。1日として同じ仕事は無いと言えるレベルになる。だから、飽きない。だから楽しい。

参考記事:【事業開発担当必見】おすすめのビジネス書をランキング形式で紹介する


命題に戻ろう。「仕事が大好きで毎日楽しいです」と「市場価値」は両立可能か。両立出来ると言うのがその答えだ。ただし、その両立のためには、3つの条件がそろっている必要がある。
①日々流動的な仕事をすること
②しかし、流動的な中に自分の軸が明確に打ち立てられていること
③仕事の中で悩み続け、主体的な意識決定を行うこと

この3つがそろえば、きっと楽しさと市場価値を両立すことが出来るはずだ。特に一番大事なのは、主体性だ。以前ATカーニーのパートナーがどこかで「コンサルタントは主体性が大事だ」と言われていたが、理由は上記で述べたところが大きい気がする。もし、コンサルタントが本気で主体的にコミットして、あの激務の中、ロジックを積み上げて付加価値を出すことを追求し続ければ、きっと超絶スーパーマンのような人が生まれてくるのだろう。それは、これまでの経営コンサルタントの活躍を見れば理解できるように思
う。 

※本記事は、以下のサイトに強く影響を受けています。
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20071209/1197232409


IT・通信業 ブログランキングへ