新規事業の分類と重要ポイントをまとめてみました。

①なぜ新規事業を行うのか

・新しい売り上げの獲得
・収益分散
・組織の活性化

②新規事業の分類

スライド2













③競合に勝つために

1.競合の調査と比較

2.自社の戦略を決める(強みを活かす) 
 ・市場を細かくセグメントし、勝てそうな市場にフォーカスする(ニッチ戦略)
 ・自社の強みを生かし、他社と大きく差別化する(差別化戦略)
 ・広い市場に低価格で提供する(コスト・リーダーシップ戦略)

3.ポジショニングマップを作る
⇒自分たちがどこに向かっていくのかを明確化する

④戦略シナリオ

「戦略シナリオ」とは、自社の成功プロセスを描いたストーリー。
既定路線のシナリオだけではなく、楽観シナリオや悲観シナリオなど複数用意。
作ったシナリオを比較検討していくことで、マーケティング戦略を決定する。

⑤業務提携

・提携とは、2つ以上の会社が補完しあいながら、1つのビジネスモデルを行うこと。
⇒そのため提携は、真逆の会社のほうがうまくいく。
・提携交渉では、利益が生まれるまでのストーリーを伝えること。 

⑥組織

・新規事業における組織のビジョンを設定する。
 「5年後10年後、この会社はどんなふうになっていたいのか?」 
・新規事業の目的 は、このビジョンを達成するために行う。
 売り上げや利益は目標であって目的ではない。
 (ほとんどの会社がこの新規事業のビジョンを持っていないため失敗している)
 

チェックシートの代わりとして活用してもらえると幸いです。 

おすすめ記事:【事業開発担当必見】おすすめのビジネス書をランキング形式で紹介する