アベノミクスで官製のインフレが起こされ、年内の日経平均の1万8000円超えが見えてきました。アベノミクスの功罪はありますが、ひたすら円を刷り、年金ファンドが株を買っている以上、株価の上昇トレンドは間違いなさそうです。


アベノミクスの問題は、賃金が思ったより上がらないことです。円安で円の価値が下がる一方、賃金が上がっていないため、日本国民の実態賃金はかなり下がってくると思われます。
ただこれは、ITの進歩やグローバル化により正社員の価値が下がっているという別の問題が含まれているため、全てアベノミクスのせいにすることはできないとは思います。

一方、企業に目を向けていくと、輸出企業を中心とした大企業は、確実に業績を伸ばしていくでしょう。今後、新規事業投資が加速することは間違いありません。


ここで問題となることは、新事業投資を行うにあたって、その人材が不足していることです。M&Aやメーカーの設備投資案件の経験者はそこそこいますが、それ以外の新製品開発や新市場開拓における投資案件に携わった人材が圧倒的に不足していると感じます。

簡単に言うと、お金を使った経験のある人が非常に少ないのです。コスト削減や売上UP出来る人材は多くとも、投資するということはまた少し違ったスキルが求められます。具体的には、その投資が将来に生きるかどうか判断するということと、その投資したお金をうまく使って活用していくことの2つのスキルが必要です。特に前者はほぼまったくと言っていいほど国内の大企業にはおらず、孫正義さんのような極一部の方だけでしょう。

過去にNTTドコモやNTTが海外展開で1兆円の大損害を出したこともありました。そういった恐怖もあり、 お金はあってもそれを使う事が出来ないという事態になってくると予想できます。

日本経済全体としては外需を中心に今後も成長路線を進むと思われるため、株式については"買い"だと思います。