グリーンハウスは2012年3月12日、同社が運営する健康管理・ダイエットサポートサイト「あすけん」で食事写真自動判別技術の実証実験を3月21日から開始すると発表した。また「あすけん」会員を対象に、実験参加者を3月13日から募集する。


「あすけん」は、ユーザーが食事や運動内容を入力すると、自動的に管理栄養士からの生活改善アドバイスが受けられる健康管理・ダイエットサポートサイトで、今回の取り組みでは、ソニーが開発中の食事写真自動判別技術を導入。食事写真自動判別技術は写真に写る個別の料理に対して「ご飯」「味噌汁」「魚料理」など自動的に推測し、ユーザーは料理の写真を投稿するだけで食べたメニューの記録と栄養価の確認ができるようになるという。実証実験では、新機能の解析技術の精度や利便性などを検証する。

食事写真自動判別技術を導入した「あすけん」では、ユーザーが、スマートフォンや携帯などで複数の料理をまとめて1枚の写真として撮影しても、写っている料理の数や各領域を判別したり、ひとつひとつの料理のメニュー名を推定したりすることが可能だという。また、推定された料理内容をメニューデータベースと照合し、カロリーなど料理の栄養価を算出したデータを提示したり、算出された栄養価を基にした栄養士による食生活改善アドバイスを提示したりして、ユーザーの健康管理やダイエットをサポートする。

同社によると、食事記録による健康管理やダイエットサポートを行う従来のサイトでは、ユーザー自身が食べたものを手動で入力する必要があり、入力の手間などが課題だったが、今回開発された新技術の導入により、食事記録の負担を軽減し、ユーザーが食生活管理・改善を継続できるという効果を期待したいとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120312-00000011-inet-inet

このシステムは、主に2つの機能があるようです。
①食事や運動内容入力による管理栄養士の生活改善アドバイスを出力
②食事写真撮影によるカロリーなど栄養価を出力

個人的にこのシステムは、とても欲しい。
カロリーや栄養価が分かれば、ダイエットも大幅にやりやすくなる。
管理栄養士からアドバイスを受ければ健康管理もしっかり出来る。
つまり、もし上記が高精度で可能になるならば、スマフォ1台で、管理栄養士付きのダイエットや健康管理が出来ると言うことになると思う。

しかし、これはサービスを受ける側にとってはとても良いと思うが、逆に管理栄養士からみれば恐怖ではないだろうか。もし、自分の持ってる知識や技術が、完全にシステム化されてしまうならば、その人の存在価値は大幅に下がるのではないだろうか。
何十年も勉強して実務で磨いてきた技術が、もしも1夜でコモディティ化したら、その人はどうするのだろう。ビックデータに代表される大量で非定形情報の分析は、各個人の持つスキルや技術の価値を大幅に棄損する働きを生むのではないか。

技術的特異点ではないが、将来コンピュータが人間の脳を超える時代が徐々に来ているのだろう。
いずれにせよ、生活の利便性が上がることは、一般人にとってはメリットなのは間違いない。
次に生れる新しいサービスを楽しみにしつつ、コモディティ化されないスキルを身につけなければと思う。

追記
これディープラーニング(CNN)で精度向上できそう。



IT・通信業 ブログランキングへ