以前のエントリーで、新規事業を成功させるポイントを3つあげました。

①「絶対プロジェクトを成功させる」という強い信念を持つこと
②緻密な実行計画を作成すること

③顧客と技術のバランスをとること

http://blog.livedoor.jp/saitou_11/archives/2779572.html


今回は、新規事業のプロセス毎にポイントをあげます。
新規事業のプロセスは、主に3つのフェーズに分かれます。
※プロダクトアウト重視の新製品開発戦略を想定

①アイデア探索・・・新製品や新サービスのアイデアを探す
②製品コンセプト作成・・・アイデアを製品コンセプトに昇華する
③事業化・・・製品コンセプトを検証して、事業化の道筋をつける

◆各フェーズ毎の重要なポイントまとめ
①アイデア探索
アイデアとは、何かと何かの足し合わせである。
自社の強み×何か=アイデア

②製品コンセプト作成
以下の5つの項目を決めて、アイデアから製品コンセプトに昇華させる。

・製品機能

・ターゲット顧客

・顧客の便益

・コスト

・販売チャネル


③事業化

事業化プロセスの本質は"実験"。アイデアとして生み出した仮説が、顧客に売れるかどうか、技術的に出来るかどうか、検証すること。

前回エントリと今回エントリの内容を合わせると、以下の図になります。
ブログ図解化

新規事業の成功法則に関しては、多くのWebサイトや書籍で言及されていますが、重要なエッセンスをまとめるとこのような図にまとめられると思います。参考にして貰えれば幸いです。

またより詳しく新規事業を理解したい方は、こちらで紹介している書籍を読むことで、理解が深まり、グレーゾーンを歩く力が身に付きます。





IT・通信業 ブログランキングへ