ビジネスを行う上で必要なスキルは、大きく3つあると言われています。

・テクニカルスキル・・・技術力、ノウハウ

・コンセプチュアルスキル・・・概念化能力、思考力

・ヒューマンスキル・・・会話力、リーダーシップ



いわゆるビジネスパーソンは、程度はあるにしろ上記3つのスキルは全て必要でしょう。その中でも新規事業担当者に最も必要なスキルは、コンセプチュアルスキルです。抽象度が高く非定型な業務を行う人は、ゼロベースでプロダクトや仕組みを設計する必要があり、そのためにはこのスキルが極めて重要になってきます。

ただ、当然ながらヒューマンスキルも大事です。社内外の多くの人と人間関係を構築する必要があるため、ヒューマンスキルとかコミュニケーションスキルが求められます。では、このヒューマンスキルとかコミュニケーションスキルとは何なのでしょうか。

人と人とのやりとりにつついて、今はメールでやりとりすることも多いですが、基本は直接の会話かと思います。つまり、「ヒューマンスキルが高い≒会話力が高い」と言えるかと思います。

会話というのも、ビジネス会話と日常会話に分かれます。ビジネス会話では、特にロジカルシンキングや戦略思考が求められるでしょう。しかし、忘れがちですが日常会話もバカに出来ません。ビジネスのヒューマンスキルが、人間関係を構築することを目的とするならば、ちょっとした雑談やコーヒーブレイクなども必要になってくるでしょう。一緒にお酒を飲みに行くこともあると思います。

式に表すと
ヒューマンスキル≒会話力=ビジネス会話力+日常会話力
                                ↑
                              結構大事

個人的には、仕事関係の人との飲み会は好きではありません。しかし、だからこそ会話力を高めることで、人間関係を作っていく必要があると思います。

前振りが長くなりましたが、要は日頃自分が気を付けていることやネットで調べた会話力のポイントなどをまとめてみたかっただけです。


日々の習慣

・毎日ニュースを見て、気になったニュースには自分の考えをメモしておく。

・会話のうまい芸能人のラジオを聞いて参考にする。

・話題になりそうなネタを見つけたら、スマートフォンにメモする。

基本姿勢

・自分の言葉で素直に伝える。

・自信を持って強気で行く(強気で行く方が良い結果を生むことが多い。経験的に。)

・会話の目的とシナリオをざっくりイメージする。

・目を見て話す。相手の表情を観察する。

・知らないことに興味を持って聞く。

返しの基本構造

①時系列

「過去」「現在」「未来」

②主張

「肯定」「否定」「意志」「感嘆」「回答」

③客観・事実

「説明」「比較」

④推測

「仮定」「推定」

⑤疑問

「疑問(5W1H)」

会話ネタ

・お笑い系・・・いくつかネタをストック

・旅系・・・その国を相手がイメージできるように話す

・景気・・・どうして景気が悪いかから、改善のアイデア交換に持っていけると良い

・ニュース・・・相手の業種や出身地など関連付けて

・遊び・・・最近だとスマートフォンのアプリの話題もありかと

・天気・・・鉄板


返しの基本構造は、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

http://nishi1978.web.fc2.com/



IT・通信業 ブログランキングへ