新規事業のつくり方

新しいことを学ぶことが好きです。今は機械学習や自然言語処理に興味があります。

日本で株式投資を行っている人は、およそ2000万人程度とのこと。
そのうち多くの人は、サラリーマンなど仕事を持っている人も多いでしょう。NISA効果もありました。
続きを読む

読みました。タイトルのミーハー感にこれまで敬遠していたのですが、内容は素晴らしい本でした。

 
著者の西内さんが言う「統計学は最強である」との主張は、本当にその通りだと感じました。
この本を企業のマーケターが読むとどうなるのか、2つのケースでご紹介したいと思います。続きを読む

婚活ブームは、一時的なものではありません。少子化・晩婚化という社会課題に対する問題提起であり、一過性のものではありません。
 続きを読む

「統計や確率を学ぶ上で、一番最初に読む本は何ですか?」

こう聞かれたら迷いなく、ニュートンの「統計と確率」ケーススタディ30をおすすめしたいです。 

続きを読む

前回紹介した、松尾先生の書籍"人工知能は人間を超えるか"について、もう少し詳しく紹介したいと思います。
続きを読む

EY総合研究所さんが、人工知能分野の市場規模を算出してくれました。
http://eyi.eyjapan.jp/knowledge/future-society-and-industry/pdf/2015-09-15.pdf

それによると、2015年の市場規模は、3.7兆円とのことですが、2020年に23兆円、2030年に87兆円になるそうです。つまり、これから4年間で約20兆円もの新しいマーケットが生まれるという事になります。
続きを読む

「会社の成長のためには、新規事業への取り組みが必要です!」
「この変化の時代に新規事業に取り組まないことは、会社の自殺を意味します」 

続きを読む

「10年後の社会はどう変化しているのか?」という問いに対し、一つの回答を提示してくれる本です。

内容は丁寧で読みやすい内容になっています。会社勤めが当たり前と思っている今の社会が、今後どう変化していき、そのためどうすればいいのかという事を、テクノロジーとマーケットの観点から解説しています。

続きを読む

↑このページのトップヘ